中央区の中古マンションの最新情報

東京都中央区の中古マンションは、3種類に分けることができます。まず、一つは東京駅や銀座などの商業エリアに近い地域、次の人形町など下町の地域、そして月島や佃や晴海のような新しい地域の3つに分かれます。その中で前の二つの地域は現在マンションの価格が坪400万平均を超えてきています。3LDKの値段にするとほぼ1億円近い数字になってきています。それに比べて月島・佃、そして晴海エリアは坪300万円程度で買うことが可能になっています。3LDKにすれば6000万円台になります。夫婦共働きであれば十分に買うことができる範囲内といえるでしょう。そして、このエリアはつい最近急激に人気化してきていますので、その説明をここではメインにしていこうかと思います。

晴海エリアの中古マンションの最新情報

東京都中央区の晴海エリアはこの数年大規模なマンションが建築されました。すべて1000戸級のマンションばかりになります。このエリアは駅から遠いエリアになりますので、すべてにシャトルバスが用意されている状態になっています。このようなシャトルバスを運営するためには大規模マンションにならざるをえないということでしょう。そして、この新築で建てられたマンションが現在は中古マンションとして発売されております。新築時は坪270万円程度でしたが、現在は坪300万円以上で取引されていますので、新築時より値上がりしていることになります。その理由にはこのエリアは今まで交通の便が悪いエリアでしたが、BRTや地下鉄の計画がされていますので、その期待分徐々に値上がりしている状態だと思われます。

その他のエリアも含めて全体の最新情報

東京都中央区だけには限りませんが、現在都心のマンションの価格は上がっています。それは様々な理由がありますが、新築が少なくなったというのも大きな理由の一つでしょう。今後は中古市場が今よりも盛んになっていくと思われます。特にこの数年建てられたマンションは立派なものが多いですので、それが中古市場に出てくると今まで以上に取引は増えてくるでしょう。その中で晴海エリアは現在もっとも値上がりが期待できる場所といえるでしょう。これから交通の便がよくなるところが一番値上がりはするものになります。そして、その他のエリアも世界的に見ればまだまだ安いと言われております。今後もその世界標準に合わせた値段になってくる可能性は十分にありえるでしょう。そうすれば、中央区であればどこでも値上がりの期待ができることにもなります。

気になる間取りや面積の情報収集からまずは候補を絞りましょう。 契約前に気付かなかったひび割れやドアの引っかかりなどしっかりと確認した上で契約をしましょう。 中古マンションや一戸建て、ビルなどの査定を行っています。 土日祝のお問合せ時間は10:00~20:00となっております。 受付時間は平日の11:30~20:00になります。 情報収集から購入のお申込みまで一連の流れを掲載しています。 中央区の中古マンション販売