中央区でお得な中古マンションを見つけるコツ

東京都中央区の中古マンションは二通りに分かれます。一つ目は銀座エリアを中心にした商業エリアから近いエリアのマンションになります。このエリアは坪400万円以上のものばかりになります。3LDKになると1億円近い値段になるので、なかなかサラリーマンには手が届かないといえるでしょう。そうして、もう一つが晴海エリアを中心にした交通の便が少し悪い分安いマンションになります。晴海エリアは東京駅から3キロメートルと非常に近いながら交通の便が悪くて放置されていた地域となります。このエリアのマンションは坪300万円程度で取引されておりますので、3LDKでも6000万円台ものもから存在します。ここでは、この晴海エリアの説明をメインにしていこうかと思います。

晴海エリアの中古マンションの将来性

東京都中央区の晴海エリアは、この数年1000戸単位の大規模マンションが複数できております。そのマンションが現在中古市場でも売買されるようになりました。どのマンションも新築時よりは高い値段で取引がされております。この地域は、東京駅からは近いのですが、交通の便が悪く今まで放置されていました。しかしながら、現在はBRTの計画や地下鉄の計画があったりしますので、今後交通の便がよくなることが想定されております。つまり、このエリアのマンションは今後値上がりする可能性が非常に高いといえるでしょう。現在は、利便性は高いとはいえませんが、この数年間我慢することができれば値上がりが期待できます。ある意味投資的な見方でも十分買うことができるエリアといえるでしょう。

晴海エリアの中古マンションの選び方

この晴海エリアのマンションの選び方ですが、この地域は海に面していまして、その方角によって大きく値段が違いました。つまり、安い方角があるということになります。安い方角であれば坪280万円程度から買うことも可能になっています。お金に余裕がない方であればそのようなマンションを買うのも一つの手でしょう。時間が経過すればこの方角の優位性はなくなってきます。資産性の向上という面を考えるのであれば、そのマンション内で安いマンションを買うというのがお勧めとなります。晴海エリアではこの方角の差での値段の差が顕著ですが、他の東京都中央区のマンションでも方角によって値段が違う場がそれなりにあります。資産性の向上という視点であれば、そのマンション内で一番安い値段の方角を買うのは一つの考え方になります。